HELLO STONE PROJECTいしみがくひとくらし

Instagram

HELLO STONE PROJECT

天然のものだから、どれも地上にひとつだけ。
小さなかけらにすら何億年という地球の歴史が宿る。
面白くて、魅力的で、はかり知れない。
石の世界にようこそ。

vol.4 PHOTO CONTEST 2018 選考結果の発表!

11月末日、「HELLO STONE PROJECT vol.4 PHOTO CONTEST 2018」の審査会が、関ケ原石材本社で行われました。 今年の審査員は、株式会社クラスカ執行役員クラスカ統括責任者の大熊健郎さんと、レスパースの若山嘉代子さん、ifs未来研究所所長の川島蓉子さん、そして関ケ原石材の社員たちです。今年も525点もの写真が集まり、それぞれに石を取り巻く暮らしを切り取っていました。そして、世界中から集められた大きな石を扱う関ケ原石材にとって、「こんな場面に」「こんな石が」と、多くの発見と気づきがありました。改めて、応募いただいた方々にありがとうの言葉を送りたいと思います。さて、たいがいの審査会は、理論理屈を整えた審査基準を設けるものですが、このフォトコンテストのテーマは「石のある生活」です。写真とは見た人の気持ちを動かすものであり、気持ちの動きは理屈で測れるものではありません。ということで、今年の審査も、「石のある生活」を豊かに語りかけてくれるかどうか、そして楽しさや豊かさが現れているかという視点で行いました。留意したのは、「石と人のかかわり=暮らし」という視点です。関ケ原石材の仕事は、主に商業施設やオフィスビルの外壁や内装づくりですが、そこを訪れる人や、そこで働く人と石のかかわりを、大切にしながら手がけてきたものばかり。その精神が存分に宿っているかどうかが、審査の物差しになりました。江戸の町にあって、威厳ある佇まいで城を守ってきた石積み、熊本県に古くからある橋を支え、山あいの路と化している風景など、13点の写真が選ばれました。惜しくも選にもれた写真の数々も、石に向けた愛情がいっぱい詰まっていて、社員は強く勇気づけられました。 — 審査員からのコメント — 【最優秀賞「高く積み上げた」】「手間暇掛けて作った歴史ある石壁だけど、これが日常のすぐ隣にあることを手前に人がいることで感じられる。その対比がすごく良いなと思いました。」川島氏「スクエアが重なり合っているのがものすごくきれい。色も微妙に合っているような合っていないような、そういうのも石なのに温かい感じがするのが良いなとすごく思います。そこに人がいるのが特に良いなと思いました。」若山氏「ロマンチックに考えると、人と石の昔本来の関わり方のような。実際の石の存在感・迫力がすごく圧倒的で、それがあたかも日常に溶け込んでいるような点も良いなと思いました。」大熊氏 【優秀賞「日本の玄関」】「日本の玄関のひとつである東京駅は、きっと年取った方も若い方もかっこいいって思うんじゃないかな。ヨーロッパの石畳とは少し違い、かといって神社の参道のような気配も少しある、不思議なモダンさがあるところがかっこいいと思いました。」川島氏「きれいですよね石畳。馬車が走っていたのを以前見かけました。なんだか人々の夢が広がる場所ですね。」若山氏「やはり東京駅の存在は非常に大きいですね。木と紙の家に住んでた日本が、こういった明治や西洋の文化を日本人なりに取り入れ受け継いでいる贅沢な場所であり頑張りが伝わってきます。皇居まで続くこの石畳が、下支えしていることを感じます。」大熊氏 【優秀賞「石橋を渡る」】「すごく懐かしい、そして渡ってみたくなる魅力というのもあって、その先になにがあるんだろうって思わせるような道を、石が作っているというのが良いですね。」川島氏「木と石と緑しかないところに惹かれました。こういう風景なのに石の橋があるってすごいなって思いました。子どもがいるのも良いですよね。」若山氏「この場所に行ってみたいと思わせられるところに実は惹かれました。ジブリ映画の世界に渡っていくかのような雰囲気もありますね。」大熊氏—————–来年もたくさんの応募をお待ちしております。本当にありがとうございました。
Event

ISHIZO online store がオープンしました

STONE PALETEに続き、第二弾「ISHIZO」の販売が開始しました。「ISHIZO(いしぞう)」とは、「石のもつ魅力に日常半径1メートルで触れる」をモットーに取り組まれたNEW BRANDです。今回は、石の魅力を手にとって感じてもらえるようインテリアグッズを制作し、より多くの方にご覧いただけるようISHIZO オンライン ストアもオープンしました!なお、銀座三越にて販売も開始致しましたのでお近くにいらした際は是非お立ち寄りくださいませ。【銀座三越】7階 リビングフロア ジャパンエディション住所:東京都中央区銀座4-6-16営業時間:10:30〜20:00
2018.10.01
What’s new

暮らしを彩る石「STONE PALETTE」

ふだんの暮らしに石を取り入れたら、どんな空間になるだろう。どんな気持ちになるだろう。楽しい想像から生まれました。 ◯ 壁に取り付けたレールに石をはめ込む、簡単な仕組みです ◯ 多様なサイズ、バリエーションをご用意しました ◯ 目地割の作り方によって、さまざまなデザインが生まれます ◯ 生活空間になじむ、個性豊かな石を取り揃えました STONE PALETTEは関ヶ原石材株式会社が開発した内装向けの壁面の工法です。詳しい情報、お問い合わせは関ヶ原石材のウェブサイトでご確認ください。http://www.sekistone.com/corporation/stonepalette/
2017.04.17
About us

石のプロ職人による、石だけの、石SNAP

いろんな石のSNAP、はじめました。石に関わるあらゆる工程や技術など、石のプロが「石の魅力」を伝えていきます。HELLO STONE PROJECTでしか見れない、原石や職人さんの技術、加工工程や石の種類、石にまつわるいろんなことをInstagramにあげていきます。石は磨けば光る。どきどきわくわくを提供していきいます。Instagram アカウントHELLO STONE PROJECT
2018.06.01
About us

interiorlifestyleに出展します

HELLO STONE PROJECTを手掛ける関ヶ原石材が、interior lifestyle 展に出展します。会期:2018年 5月30日(水) – 6月1日(金)場所:東京ビッグサイト(西1・2・3・4ホール+アトリウム 10:00 – 18:00)interior lifestyle展とは。東京から世界へ向けて「ライフスタイルを提案する」インテリア・デザイン市場のための国際見本市。デザイン性の高いライフスタイルアイテム、テーブルウエア・食品、ギフトからハイエンドな家具まで、衣食住に関わる様々な商材が集まります。関ケ原石材との協業プロジェクトである「TIME&STYLE×関ケ原石材」がスタートしたのは、かれこれ1年以上前のこと。石が本来持っている魅力を多くの人に知らしめたいという関ケ原石材の意図と、日本の良質なモノ作りを生活空間にというTIME&STYLEの思いが合致したところから、双方の得意分野を活かした家具の可能性を探っていったのです。木も石も自然の恵みであり、二つと同じものがない素材。そこに両者が持っている技術を加えることで、石がさりげない温かみを放つ、木が凛とした佇まいを見せる――暮らしに新しい豊かさをもたらす家具ができあがりました。
2018.05.29
What’s new

vol.6 吉田龍太郎さんに会いに行きました

日比さん:日本は、昔から木と石がうまく共存し、石を使う文化が定着している国と思ってきました。この間、あるホテルの建て替え仕事を引き受けたのですが、そのホテルは、木や石材、金属、紙、織物など、日本の文化をうまく取り入れたものになっていました。ただここ30年ほど間で、使い捨てや利便性を重んじる面が色濃く出るようになっていると思います。吉田さん:日本は木の文化とよく言われますが、実はたくさん石も使っていて、特に昔の建築は、木と石の関係性が明確で、うまくバランスをとっていました。たとえば、桂離宮などの組石などは、多様な石の使い方がなされ、美意識の高い建築物のひとつだと思います。日比さんは、これから日本の石の文化は、どのような方向に向かうと思っていますか? 日比さん:今は、日本の文化の良さについては、外国の方がよく知っているのではないかと感じています。2020年オリンピックが大きい節目になると思いますが、日本人が日本の良さに気が付き、少しずつ変わる風潮にあるのではないでしょうか。日本人が忘れていた日本の良さや文化が、未来に向かって開かれ、それが続いて行ってほしいと思います。また、大事なことは、これから石の文化(日本の文化)を若い人にも知ってもらうことで、別の使い方を見つけてもらえるのではと思います。若い人たちが、どのような形で使うかを考えると、すごく楽しみです。その為には、責任を持って、若い方にしっかり引き渡さないといけないと思います。吉田さん:チームプレーが大事だと思います。そして、それをつなぐことが一番大事なことです。文化やモノ作りの技術的な面も継承しなければならないし、考え方なども次の世代に継承しないといけない。経営理念もしっかりしないといけないですね。個人に対するバトンタッチよりも、事業者としての考え方をもって、次の世代を育てていかないといけないと感じています。その面で、関ヶ原石材は、3世代続いていて、継承されていることは素晴らしいと思います。日比さん:一つ質問ですが、タイム アンド スタイルでは、次世代への継承という点で、どのような努力をしているのでしょうか?あと、社員のベクトルを同じ方向に向ける方法や秘訣がありますか? 吉田さん:外からみると、上手にやっているように見えるかもしれませんが、まだまだやらなければならない部分がたくさんあります。自分自身がこれからやりたいこと、目標がたくさんあって、いろんなことにチャレンジしたいと考えております。例えば、去年(2017年)は、大きなチャレンジとして、オランダに自社の店舗を作りました。日本で作ったものをヨーロッパで売り始めたのです。このミッドタウンの店も出店する時には(小さい会社なので)大きなャレンジでした。ハードルが高いことにチャレンジすること、これは、成長につながるのではないかと思います。社会に貢献する方法や社会への役立ち方はいろいろあって、営利目的も重要ですが、それ以上に、文化を作ることや、次の世代に継承できるように正しく伝えることが大事と考えています。家具は、人の手に渡って使ってもらうもの。私たちはアナログな方法にこだわり、緻密な仕事をしています。この考え方に賛同してくれる方がいるからこそ、続けられることですが、常にチャレンジすることと、続けることが大事だと思います。日比さん:僕自身は、タイム アンド スタイルのモノづくりや考え方をリスペクトしているので、今後一緒にモノづくりをする際に、お互いに主張をしながら、ケンカしない程度に(笑)上手く付き合って、何か良いものが出来れば嬉しいです。新しいことができることを考えると、ワクワク、ドキドキしています。吉田さん:日比さんは、どの石や木が好きですか?あと、どのような加工方法や素材がお好きでしょうか?日比さん:好きな石は、人間に近く、自然にも近いので、大理石が好きですね。仕上げは、あまり機械で加工した工業製品よりも、割合と素に近いものに愛着を感じます。手でラフに磨いたものとか、モノに対してストレスを感じないものができればと思います。高価でなく、使いやすいし、触った時に自然な感触があるものが好きです。もちろん、木も好きです。例えば、ヒノキやサワラ、ケヤキが好きですね。やっぱり素材が好きなのかもしれません。 吉田さん:今後、お互いに話し合って良いモノづくりができれば良いと思っております。よろしくお願いいたします。日比さん:こちらこそ、よろしくお願いいたします。今回の対談も本当にありがとうございました。
2018.02.14
Interview