HELLO STONE PROJECTいしみがくひとくらし

Online store Instagram

HELLO STONE PROJECT

vol2. 『エル・デコ』ブランドディレクター 木田隆子さんが聞きにいきました。

「石のことを知ったらもっと学びたくなる、使ってみたくなる。」関ヶ原石材は、建築物の外装やインテリアをはじめ、さまざまな石材を扱っている会社で、取扱高は日本一。たくさんのビルを手がけています。70年近い歴史を持っているので、会社の中には石にまつわる知識や知恵がいっぱい。面白いエピソードが、あれこれ詰まっているのです。この連載は、石について広く深く知っている関ヶ原石材の日比順次さんが、デザイナーやアーティスト、建築家、ジャーナリストなど、さまざまな業界の人をお招きし、おしゃべりするコーナーです。 新装して2回目のトーク相手は、前回に続いて『エル・デコ』のブランドディレクターを務める木田隆子さんです。世界25カ国で展開している『エル・デコ』の日本版を代表する存在として、多彩な活動を繰り広げています。世界のトップクリエイターをはじめ、さまざまな産地の職人さん、企業の中でデザインにかかわっている人など、幅も奥行きもあるネットワークを携え、第一線で取材を続けてこられました。そんな木田さんが関ヶ原石材を訪れ、石にどんな可能性を感じたのでしょうか――。 日比さん:前回、「石が暮らしに近い存在になったらいい」というお話をいただいて勇気を得ました。木田さん:世界のデザインの大きな流れの中でも石がクローズアップされていて、確固としたポジションを得るようになっています。前回もお話したように、ここ関ヶ原石材さんを訪れ、石には”石の力”とともに”人の力”が宿っていると感じました。この感覚が伝わっていくといいですね。日比さん:工場に置いてある世界各国の石の塊は、言ってみれば”無造作なかたち”であって、完成品ではありません。うちの仕事は、これらの石を加工して手渡していくところにあるのです。 木田さん:加工しないと埋もれたままになる物体としての石、その中に閉じ込められていた、いわば宝もののようなものを掘り出しているのが、関ヶ原石材さんのお仕事なのですね。日比さん:建築家やデザイナーの方の意向を受けて加工するので、黒子として後方からのお手伝いを担っているだけですが。木田さん:控え目でいらっしゃいますね(笑) でもその意味で、建築家やデザイナーの方と組んで、建物だけでなく、違う角度でモノ作りして発表していくのもひとつのやり方ではないでしょうか。石を身近な存在として伝えていくことが大事だと思うのです。日比さん:具体的には、どんなところから入ったらいいと思われますか?木田さん:魅力的な存在なのに、石が暮らしから遠い存在になっているのがもったいない。まずは石そのものを身近に感じてもらうのが大切ではないでしょうか。たとえば、石のすり鉢であるとか、カッティングボードなど、キッチンで使うアイテムもいいのでは?日比さん:かつて日本では、石臼をはじめ、暮らしに近い存在として石が使われていたのに、いつの間にか遠くなってしまったのです。木田さん:それを、今にフィットするスタイルで取りもどしたいですね。料理の過程で、人と石、食材と石との対話が生まれるキッチンがあったら、そこに豊かな時間が流れることでしょう。あるいは、天板が大理石でできた小さなテーブルを置いたら、部屋の中に小さな池が生まれたような、清涼な空気が流れるかもしれません――いろいろと夢が膨らみます。 日比さん:うちでは「いしぞう」というブランドで、石を使ったブックエンドや花瓶など、いくつかのアイテムを開発し、ネット販売も行っています。木田さんがおっしゃるように、可能性があるアイテムはトライしていきたいと考えています。木田さん:石の良さをあまり知らずにいて、暮らしにどう取り入れたらいいのかわからない人は多いと思うのです。でも、石のことを知ったらもっと学びたくなるし、何か使ってみたいと思うはず。ここ関ヶ原石材さんを、もっとオープンにしていくのもいいかもしれません。日比さん:こういう活動を続けていって、たとえば10年後に「石のことだったら関ヶ原石材に聞けばいい」という方が一人でも増えていったら嬉しいです。木田さんも是非、応援していただければ。木田さん:もちろんです。少し宣伝っぽくなりますが、最新の『エル・デコ』について。3月7日発売の号では、コロナ禍が始まって一年ほどたって、新しい生活を実感する時期に、モノ選びの新基準という特集を組みました。コロナを経験して、家にいることが増え、生活の質に目が向くようになっています。その時、家の中にどんな空気が流れていてほしいのか。家具選びの新しい考え方もシェアしています。日比さん:そういう時代に向け、石を取り入れた暮らしを提案していきたいと考えています。木田さん:是非! また、深澤直人さんとジャスパー・モリソンさんへの緊急インタビューも必読。15年前にアクシスギャラリーで行なった展覧会『スーパーノーマル』における、フツーの美しさを見出す考え方がパンデミックの後、どう変化したのかを改めて聞いています。暮らしが変わって行く中で、まずは自分の日常の磨き方が問題になってきているとも言えます。トレンドも大事だけど、まずは自分の美意識きちんと育ててますか?と、そんなことが大切に――合わせて読んでいただけたらと思います。日比さん:楽しみに拝読します。木田さん、今回はどうもありがとうございました。
2021.02.25
Interview

vol1. 『エル・デコ』ブランドディレクター 木田隆子さんが聞きにいきました。

「石が暮らしに近い存在になったらいいのにと思いました」。関ケ原石材は、建築物の外装やインテリアをはじめ、さまざまな石材を扱っている会社で、取扱高は日本一。たくさんのビルを手がけています。70年近い歴史を持っているので、会社の中には石にまつわる知識や知恵がいっぱい。面白いエピソードが、あれこれ詰まっているのです。この連載は、石について広く深く知っている関ケ原石材の日比順次さんが、デザイナーやアーティスト、建築家、ジャーナリストなど、さまざまな業界の人をお招きし、おしゃべりするコーナーです。 新装した本連載でトップバッターをお願いしたのは、『エル・デコ』のブランドディレクターを務める木田隆子さんです。世界25カ国で展開している『エル・デコ』の日本版を代表する存在として、多彩な活動を繰り広げています。世界のトップクリエイターをはじめ、さまざまな産地の職人さん、企業の中でデザインにかかわっている人など、幅も奥行きもあるネットワークを携え、第一線で取材を続けてこられました。そんな木田さんが関ケ原石材を訪れ、石にどんな可能性を感じたのか――おしゃべりが弾みました。 木田さん:ここ3、4年、ミラノサローネなどを取材していて、石を取り入れる動きが強まっている、石が持っている自然のパワーを取り入れようという意識を感じてきました。今日、関ケ原石材さんを訪れて、改めて自然物としての石の美しさにすっかり魅了されて(笑)。石が暮らしに近い存在になったらいいのにと思いました。日比さん:ヨーロッパでは、ローマのパルテノン神殿に象徴されるように、古くから石は、暮らしと密接に結びついてきました。一方、日本で建物などに使われるようになったのは、欧米の文明が入ってきてからのこと。たとえば日本橋の三越が大理石でできているように、西欧の文明の象徴的存在として扱われてきたのです。木田さん:日本人が、石と言われて描くイメージには、大きく2つの方向性があるように思います。ひとつは、お城の石垣や石庭など、奥行きのある美の象徴的な存在。もうひとつは、今ほど日比さんがおっしゃった、西欧文化の導入として作られた西洋建築の数々。そこで終始していて、いまひとつ身近な存在と感じづらいところがあるのです。 日比さん:石を知っている人、勉強している人は少なくないのですが、一般の方が暮らしに取り入れるとなると、木などに比べて遠い存在になっているのです。木田さん:もったいないと思います。世の中の大きなトレンドは、自然のものを暮らしの近くにおきたい、日常生活の中で感じたいという方向へ向かっています。日本人はもともと木に馴染みがあるので、石をあまり取り入れてきていないのですが、付き合う方法がわかれば大きな可能性があると思います。日比さん:そういうお話を聞いて、なるほどと腑に落ちます。うちはもともと、企業向けの仕事が多いのですが、最近は個人のお客様も増えていて、そういうお客様の中に、上質な生活=自然という感覚を持っていらっしゃる方もいますから。石は何億年という時間をかけて自然が創り上げたものであり、本物が醸し出す圧倒的な空気感を備えていると思うのです。木田さん:関ケ原石材さんには、大きな石の塊がたくさん並んでいますが、そのパワーにも圧倒されました。日比さん:世界各国で切り出された石の数々で、いずれも地球を相手に、岩盤から人の力で掘り出したものです。木田さん:石の力とともに人の力が宿っているし、語りかけてくる何かがあって、そこに良い意味の畏れがあるのです。それぞれの石には、産地などを記した文字がマーカーで書いてあるのですが、あれも素敵ですね。神社を作る大工さんが、材木に記したあとのような、おごそかな神聖さがあります。 日比さん:無造作なかたちであること、唯一無二であることに魅力があるのかもしれません。自然物なので、同じ種類で同じ場所でとれたものでも、二つと同じ色柄にはならないのです。木田さん:その意味では人の情熱のようなものがこもっているのかもしれません。岩盤から掘り出されていなければ、あれだけ美しいものも、地球の中に埋もれたままになるということですから。日比さん:あの大きな塊を、建築の内外装に使えるように加工するのが、うちの会社が担っている仕事です。木田さん:関ケ原石材さんのお仕事は、石の内側に閉じ込められていたものを掘り出して、宝物に仕立てていくのに近いかもしれません。日比さん:ありがとうございます。そういう石の良さを、もっと多くの人に知ってもらいたい、味わっていただきたいと思っているのです。木田さん:ここに来てもらうのが一番の早道のような気もしますが(笑)日比さん:今の環境で何からできるかを考え、もっと発信していこうと思っています。今日の対談もそのひとつで、もう少しお付き合いいただければと思います。木田さん:こんなものがあったらいいなというアイデアも浮かんできたので、後編ではそのあたりのお話をできたらと思います。(後編に続く)
2021.01.21
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.7 古賀充 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第7回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。造形作家古賀 充 氏プロダクト:ISHIZO ブックエンドアーチ型(白) ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。展示会に伺ったのがきっかけです。「ISHIZO、しかくいし」のシリーズを拝見し、見たことのない様々な石の表情に、驚きと美しさを感じました。自然が長い時間をかけてつくりだす、まるで抽象絵画のような、「しかくいし」もかっこいいと思いましたが、この ISHIZO のブックエンドは、石にしかないかたまり感と、図形のようなシンプルな形に親近感があり、すぐに持ち帰りたいと思いました。日常にはあまりない白い石も魅力的でした。帰り道、入れたバックがずっしり重くって、やっぱり石って重いんだなあと思った記憶があります。(笑)ー普段どのようにブックエンドを使用していますか?僕は海で拾った石を削り、作品を制作しているのですが、自分の作品の他に、友人や海外の作家さんの石のような作品と一緒に並べて、石にまつわるものコーナーをつくって、楽しんでいます。人の手が入っていない自然の石も好きですが、人の手が入ったものに楽しさや安心感を感じます。 ー古賀さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!ブックエンドにして使っても、本なしでそのままオブジェのように置いても、風景の一部になってくれる感じがして気に入っています。プロダクトと彫刻の間のような印象です。 撮影:古賀 充 氏月刊 HELLO STONE  -vol.7-2020年12月—-造形作家古賀 充 氏profile:造形作家。日常に潜む美しさや面白さを、さまざまな手仕事によって作品にし、国内外の展示会にて発表している。作品集や絵本なども制作。主な作品に SEA STONE VASE、LEAF CUTOUTS、Driftwood Dinosaurs、FLAT WORKSなどがある。絵本に『いしころ とことこ』、『ゴトガタ トラック』(福音館書店)がある。—-HELLO STONE PROJECTISHIZO ブックエンドアーチ型(白)
2020.12.08
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.6 KIGI / OUR FAVOURITE SHOP 寺田 未来 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第6回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。KIGI / OUR FAVOURITE SHOP ショップマネージャー寺田 未来 氏プロダクト:ISHIZO 花器(ベージュ) ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。私達が東京・白金で運営するギャラリー・OUR FAVOURITE SHOP で、ISHIZOのAD・石井洋二さんがご自身の展示をされて、その際にこのプロダクトに出会いました。お店でも小さなお花を挿してディスプレイしていたのですが、ポンと置いてあるだけでも印象的で、石なのに優しい雰囲気がとても気になっていました。ちょうど、自宅の部屋の雰囲気を少し落ち着いた感じにしたいな、と思っていたので、普段はあまり選ばない色味だったものの、空間に馴染む感じが気に入り、ルナベージュを選びました。ー普段どのように花器を使用していますか?自宅で、その日の気分や挿している花に合わせて、デスクや本棚、色々な場所に飾っています。どの場所でも他のマテリアルと喧嘩することもあまりなく、キッチンなどにも置いたりします。家に細かいものが多いのですが、そんな中では、直線的なフォルムと適度な重厚感が、全体をまとめてくれているようでバランスが良くなります。 ー寺田さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!部屋の中には、いつも植物は飾っておきたいなと思うのですが、お花を買いにいけない時には、ベランダの植物をちょっと切って生けたりするだけでも様になるので気に入っています。野花でもきっと可愛くなると思います。少しグリーンがあるだけで、気持ちが安らぎます。大袈裟なアレンジをしなくても、空間にポイントができるのが嬉しいです。 撮影:寺田 未来 氏月刊 HELLO STONE  -vol.6-2020年11月—-KIGI / OUR FAVOURITE SHOPショップマネージャー寺田 未来 氏profile:長年身を置いていた演劇やダンスの舞台活動から一転、デザインを軸に幅広くクリエイティブ活動を行うKIGIの門を叩く。KIGIが滋賀の職人達と立ち上げたプロダクトブランド・KIKOFのプロジェクトマネージャーとして、職人の持つ高い技術を現代のライフスタイルにあったデザインを通して、長く繋いでいく活動に携わる。2015年、OUR FAVOURITE SHOPの立ち上げに携わり、ショップマネージャーとして企画・運営・プレスを担当する。—-OUR FAVOURITE SHOPでは定期的に様々な企画やイベントを開催しています。11/6(金)〜11/29(日)は「Lake of Grace #004  Dear T.I.」を開催いたします。—-HELLO STONE PROJECTISHIZO 花器(ベージュ)
2020.11.10
Interview

石屋のしごと -vol.1 東京ミッドタウン日比谷-

関ヶ原石材が石工事を担当した物件を紹介する「石屋のしごと」。身近な実際の建物を紹介しながら、石の面白さ・奥深さを伝えていければと思います。第1回目の物件はこちらです。■物件名東京ミッドタウン日比谷■設計・施工鹿島建設株式会社■竣工日2018年3月29日(開業)■石工事概要低層部外装:トロピカルゴールド外構:トロピカルゴールド・G682・森林緑・チャイナカレドニア周辺道路:イタリア斑岩■物件概要地上35階、地下4階建てで、オフィス部と商業施設部からなる大型複合施設。メインエントランス前には屋外スペース「日比谷ステップ広場」がある。 ー使用石種のご紹介東京ミッドタウン日比谷における石部分の見どころは、重厚感のある低層部です。 低層部に使用されている石は「トロピカルゴールド」というミカゲ石です。トロピカルゴールドはアフリカ南西部に位置するナミビアで産出され、広大な岩盤により安定した供給量があります。 この石は大きな特徴が2つあります。1つ目は、全体的に黄色がかったミカゲ石である点です。採掘箇所や深さによって地色は濃淡に変化し、現在は地色の淡いものが多く産出されています。世界的に見ても黄色いミカゲ石は珍しく、中でもトロピカルゴールドのように大規模に生産可能な石は貴重な存在です。2つ目は、錆石である点です。錆石とは、他のミカゲ石より鉄分を多く含んだ石で、火を使用した仕上げ(ジェットバーナー仕上げ)をかけると、鉄が酸化し赤茶っぽい見た目に変化します。同じ石種の仕上げ違いを使用することで、統一感を出しつつも個性のあるデザインにすることができます。 (左:本磨 右:ジェットバーナー仕上げ)ー建築の豆知識を教えて!低層部のトロピカルゴールドの壁は、「ノミ切り」と「ウォータージェット」という2つの仕上げを合わせて加工されています。今回はこの2つの仕上げを紹介します。ノミ切りとは、表面をノミで削り、凹凸感を出す仕上です。凹凸の大きさの違いで、粗ノミ・中ノミ・細ノミの3段階があります。職人の手作業によって加工され、ノミの跡が石に深い味わいを創り出します。 ノミ切り(石種:ベトナムグレー)ウォータージェットとは、高圧の水で石の表面を削り、粗面にする仕上げです。同じく粗面にするジェットバーナー仕上げ(JP仕上げ)よりも、色を濃く出すことができます。色の薄い石種よりも、濃い石種におすすめです。 ウォータージェット(石種:ラステンバーグ)ー大変だったことは?低層部の壁、トロピカルゴールドの見栄えにこだわったことです。 東京ミッドタウン日比谷は、アール・デコ様式(単純化された直線的・幾何学的なデザインが特徴の装飾様式)の建物として高く評価されていた「三信ビルディング」の跡地に建てられていることもあり、低層部は三信ビルディングの壁面デザインを踏襲しています。通常は同じ壁や建物では石の色調が揃うようにしますが、今回はアール・デコ様式に馴染むよう、石の色調を敢えてランダムにしました。 トロピカルゴールドの板を色調によって6グループに仕分けし、全部品を並べ綿密な色調検査を行いました。全体のバランスを見つつ、美しく配置するのにとても苦労しました。低層部の壁の石は、全て職人による手加工で仕上げが施されており、全ての加工が終了するまで、2年も掛かりました。ー担当者からひと言見る角度によって印象の変わるデザインなので、是非新しい何かを発見してください。また低層部以外にも、雨上がりでしっとりと濡れた周辺道路のイタリア斑岩も趣がありますので、注目してみてくださいね。 石屋のしごと  -vol.1-2020年11月
2020.11.05
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.5 Soldum 深澤 絵 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第5回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。株式会社Soldum代表深澤 絵 氏プロダクト:しかくいし/レインフォレストブラウン ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。シェアオフィスから今の事務所に移転して1年半余り。小さいけど応接スペースには自分たちのお気に入りを置きたい。そんな想いで少しずつオブジェや小物を買い足していました。ずっと空いていたのが、お客様が座る目線の先にある白い壁。ふと見上げた時に穏やかに心が動く何かを飾りたい、と色々探していた時に、新木場・CASICAで開催した企画展で「しかくいし」に出会いました。他にも美しい石種が並び悩みましたが、葉脈の様な、宇宙から地形を見た様なミクロとマクロを同時に感じる小さなアートに惹かれ、即決しました。ー普段どのようにしかくいしを使用していますか?元々はお客様から見える所に「しかくいし」を飾りたい!と思い購入したものの、飾った風景が好きで、結局、“私自身”が一番良く見える位置に座って打ち合わせしてしまっています。 お客様は帰り際に気付いて、「これは石?アート?」と聞いてくださる感じです。簡単に取り外しができるのでそろそろ私のお気に入りの場所から誰からも眺められる場所へ移してみようかな、、と思っているところです。そんな風に気分や環境の変化で気軽に飾れるのも魅力ですよね。ー深澤さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!購入する際に関ヶ原石材の方に、これはインドからやってきたことを教えて頂き、絶対これにしよう!と決めたのを覚えています。事務所では週に1度スタッフとヨガをしているので、何かそこに特別な雰囲気を出す物を置きたい、と思っていたので、コンセプトにもぴったり。と嬉しくなったのを覚えています。私たちの事務所は残念ながら自然光がたっぷり入る環境ではなく、良くいえば落ち着いたアンバーな雰囲気なので、この「レインフォレストブラウン」の色合い、雰囲気がとってもマッチしていて気に入っています。人が集まる場所が見直されている昨今ですが、私としては時代や生活スタイルが変わっても、どこかに一つ、いつでも集まれる、お気に入りに囲まれた場所を持ち続けられたら、と思っています。 撮影:藤原 恭子 氏(株式会社Soldum)月刊 HELLO STONE  -vol.5-2020年10月—-株式会社Soldum代表深澤 絵 氏profile:「日本人らしい創造的な仕事の真の価値や魅力を発信すること」をコンセプトに、セールスプロモーション/マネージメント/ブランディングを展開する株式会社Soldumを立ち上げ、アート/デザイン/工芸/食など多岐に渡るプロジェクトに携わる。—-HELLO STONE PROJECTしかくいし/レインフォレストブラウン
2020.10.16
Interview
Interview