HELLO STONE PROJECTいしみがくひとくらし

Online store Instagram

HELLO STONE PROJECT

月刊 HELLO STONE -vol.5 Soldum 深澤 絵 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第5回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。株式会社Soldum代表深澤 絵 氏プロダクト:しかくいし/レインフォレストブラウン ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。シェアオフィスから今の事務所に移転して1年半余り。小さいけど応接スペースには自分たちのお気に入りを置きたい。そんな想いで少しずつオブジェや小物を買い足していました。ずっと空いていたのが、お客様が座る目線の先にある白い壁。ふと見上げた時に穏やかに心が動く何かを飾りたい、と色々探していた時に、新木場・CASICAで開催した企画展で「しかくいし」に出会いました。他にも美しい石種が並び悩みましたが、葉脈の様な、宇宙から地形を見た様なミクロとマクロを同時に感じる小さなアートに惹かれ、即決しました。ー普段どのようにしかくいしを使用していますか?元々はお客様から見える所に「しかくいし」を飾りたい!と思い購入したものの、飾った風景が好きで、結局、“私自身”が一番良く見える位置に座って打ち合わせしてしまっています。 お客様は帰り際に気付いて、「これは石?アート?」と聞いてくださる感じです。簡単に取り外しができるのでそろそろ私のお気に入りの場所から誰からも眺められる場所へ移してみようかな、、と思っているところです。そんな風に気分や環境の変化で気軽に飾れるのも魅力ですよね。ー深澤さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!購入する際に関ヶ原石材の方に、これはインドからやってきたことを教えて頂き、絶対これにしよう!と決めたのを覚えています。事務所では週に1度スタッフとヨガをしているので、何かそこに特別な雰囲気を出す物を置きたい、と思っていたので、コンセプトにもぴったり。と嬉しくなったのを覚えています。私たちの事務所は残念ながら自然光がたっぷり入る環境ではなく、良くいえば落ち着いたアンバーな雰囲気なので、この「レインフォレストブラウン」の色合い、雰囲気がとってもマッチしていて気に入っています。人が集まる場所が見直されている昨今ですが、私としては時代や生活スタイルが変わっても、どこかに一つ、いつでも集まれる、お気に入りに囲まれた場所を持ち続けられたら、と思っています。 撮影:藤原 恭子 氏(株式会社Soldum)月刊 HELLO STONE  -vol.5-2020年10月—-株式会社Soldum代表深澤 絵 氏profile:「日本人らしい創造的な仕事の真の価値や魅力を発信すること」をコンセプトに、セールスプロモーション/マネージメント/ブランディングを展開する株式会社Soldumを立ち上げ、アート/デザイン/工芸/食など多岐に渡るプロジェクトに携わる。—-HELLO STONE PROJECTしかくいし/レインフォレストブラウン
2020.10.16
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.4 小井沼 桃 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第4回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。サービスデザイナー、プロダクトデザイナー小井沼 桃 氏プロダクト:ISHIZO ブックエンドアーチ型(白) ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。昨年のCASICAでの展示会で拝見し、マットな質感と優しい白色、アーチがぴったり組み合わさる形が気に入り購入しました。シンプルな幾何形状ながら、石目模様や手描き線のようにゆるやかな稜線から自然物ならではの個性ややわらかさを感じ、佇まいに雰囲気があることにも惹かれました。ー普段どのようにブックエンドを使用していますか?自宅の本棚の上に置いています。私は装丁に惹かれて本を購入することが多く、そんな本を飾るイメージでこのブックエンドを使っています。 今回の表紙は海の写真。水平線とアーチの関係が美しいと思いセッティングしました。季節や気分に合わせて、どの本を飾ろうか、どんな配置にしようかと考えるのも楽しいです。また、横にある天然石のブロックは、CASICAで行われていたワークショップに参加し磨いたものです。淡いトーンはブックエンドと似ていますが、並べると表情の違いが際立ち、石の多様性やおもしろさに気付かされます。ー小井沼さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!ブックエンドというとL字の板材でさりげなく本を支えるものが多いですが、こちらのプロダクトはそれ自体にものとしての存在感があり、アートピースのようでもある点が気に入っています。ブックエンドとしての機能を持ちながら、オブジェとしても美しい。加えて、ひんやりさらさらした触感やずっしりした重みからも石という素材の魅力を感じます。 撮影:小井沼 桃 氏月刊 HELLO STONE  -vol.4-2020年9月—-サービスデザイナー、プロダクトデザイナー小井沼 桃 氏profile:1986年東京生まれ。多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。シャープ株式会社で8 年間プロダクトデザイナーとして在籍後、多摩美術大学プロダクト研究室での助手勤務を経て、現在パナソニック株式会社にてBtoB領域のサービスデザイナーとして活動中。最近の興味は文化人類学。—-HELLO STONE PROJECTISHIZO ブックエンドアーチ型(白)
2020.09.01
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.3 川村 紗耶佳 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第3回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。版画家川村 紗耶佳 氏プロダクト:ISHIZO 積み石(白) ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。昨年の新木場CASICAでの展示会でHSPプロダクト商品を拝見し、積み石のシンプルで可愛いフォルムに惹かれました。今まで天然大理石に触れる機会は少なく、馴染みの薄いものでしたが、天然の大理石で重厚感を感じながらも「石のつみき」という遊び心が気に入り、暮らしの中にあったらいいなと思い、購入いたしました。ー普段どのように積み石を使用していますか?家のお気に入りのものを置いているスペースに自作の版画と合わせて飾っています。触っていると石の質感に癒され、時々積み替えたりして遊んでいます。 ー川村さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!コンパクトなサイズですが、存在感があり天然石の一つ一つ異なる色合い、模様、独特の光沢の美しさは見ていて飽きません。また、パッケージも美しく、箱に収めた様子も気に入っております。地中にひっそりと埋もれていた天然石の時間の流れも感じられて、暮らしの時間を豊かにしてくれます。 撮影:川村 紗耶佳 氏月刊 HELLO STONE  -vol.3-2020年8月—-版画家川村 紗耶佳 氏profile:1989年北海道生まれ。2013年京都精華大学卒業。2015年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻版画科修了。同年東京国際ミニプリントトリエンナーレ審査員賞、鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展大賞、2020年高知国際版画トリエンナーレ大賞ほか受賞多数。記憶をテーマにした作品を国内、中国、香港で発表。頭の中に残るいくつもの風景、どこか懐かしい誰でもない誰かの記憶を集めては木版の技法で和紙に幾度も摺り取ってゆく。作品収蔵多摩美術大学、多摩美術大学美術館、町田国際版画美術館、鹿沼市立川上澄生美術館、上海半島美術館—-HELLO STONE PROJECTISHIZO 積み石(白)
2020.08.07
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.2 ISHII YOJI STUDIO 石井 洋二 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第2回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。ISHII YOJI STUDIO co.,LTDクリエイティブディレクター、プロダクトデザイナー石井 洋二 氏プロダクト:しかくいし ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。僕はここ何年か関ケ原石材さんと一緒にお仕事をしているのですが、岐阜県にある本社に初めて伺った時、広い工場の中に大きな原石の塊やそれを加工する巨大な機械が所狭しとある中で、5m×2mくらいの板状に加工された石たちが隅に立てて置かれていたのを見ました。いろんな石がある中で、この「木の化石」のような表情をした石に一目惚れしてしまい、だけど、あんな大きな石を部屋に置けるわけないよなあ、と想いを残したまま東京へ戻りました。それから数カ月後、一目惚れしたあの「木の化石」をしかくいしとして商品化してくれることになりすぐに注文したんです。石にはいろんな表情があるので、それを自分で選べるのはうれしいですね!ーその「木の化石」=しかくいしは普段どのように使用していますか?事務所の入り口すぐのところに飾っています。周りには、同じHSPプロダクトラインである「ISHIZO」の花器や積み石、他にも造形作家の石の作品を飾っています。こぢんまりとですが石コーナーができあがりました(笑)。石は、表情の豊かさとともに「重さ」という特徴がありますが、このしかくいしのように平面的に扱うと、石の重さは空間に落ち着きをもたせてくれていると、僕は思います。 ー石井さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!大昔に木が砕け落ちて、想像を絶するような長い時間をかけて、出来上がった唯一無二の美しさに胸が高鳴ります。石をこの薄さに仕上げて一枚の絵に仕立てる技術は素晴らしいです。撮影:石井 洋二 氏月刊 HELLO STONE  -vol.2-2020年7月—-ISHII YOJI STUDIO co.,LTDクリエイティブディレクター、プロダクトデザイナー石井 洋二 氏profile:1969年生まれ。1992年に千葉大学工業意匠学科を卒業後、三菱電機デザイン研究所、株式会社サン・アド勤務を経て、2019年に石井洋二スタジオ設立。2011年より多摩美術大学プロダクトデザイン専攻で非常勤講師を務める。ブランディング・プロダクトデザイン・パッケージデザイン・店舗デザインなど幅広く手がける。「変革をデザインする」という理念のもと、最適なクリエイティブチーム形成から仮設設定、専門家を交えてコンセプトメイクから実制作、プロモーションまで、各プロジェクトにおいて一貫したデザインワークを担う。大胆で自由な気持ちを創るドローイングマーカー「ala」、無意識的に動くことができるワーキングチェア「ing」をはじめ、手がけるプロジェクトは国内外において高い評価を得ている。—-HELLO STONE PROJECTISHIZO しかくいし
2020.07.07
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.1 KIGI 植原 亮輔 氏-

今月より、「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えして発信していく「月刊 ハローストーン」が始まります。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。月刊 ハローストーン第1回目として、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。KIGI Co.,Ltd.クリエイティブディレクター / アートディレクター植原 亮輔 氏プロダクト:ISHIZO ブックエンド L型(赤) ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。一言で「シンプルで美しい」。これがたとえブックエンドではなかったとしても手に入れたいと思いました。ーHSPプロダクトを知ったきっかけは何でしたか?そもそも、このプロダクトに関しては見たことはなかったのですが、KIGIが運営するギャラリーでISHIZOを手掛けた石井洋二さんの個展を開催しました。その時に初めてこのプロダクトに出会い、その魅力に引き込まれました。特に色の美しさに惹かれました。ー普段どのようにブックエンドを使用していますか?お気に入りのヨーロッパのアンティークの薬棚の上に置いています。木製の家具の上に置くと面白いんです。柔らかく落ち着いた木の表情に対し、硬質で独特な模様の石の美しさが反発し合いながらも調和します。 今、まさに読んでいる本を立てかける時に使用しています。ISHIZOのブックエンドに挟む本は僕的には2〜3冊がベストなんです。本を読み終えたらただの“石”として飾っています。ー植原さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!見た瞬間に気に入ったところは色合いです。僕はデザイナーなのでよく色を調色したり選んだりしますが、この色をメインカラーにしてデザインをしたことが無い気がします。とても難しい色です。ところが石の質感や重量感、また独特な模様によって、この難しい色がモノとして成立し、存在感のあるプロダクトになっている。(石という素材が)“細かいデザインができない”という不都合さによってシンプルで力強いデザインを生み出している点においても、”やられた感”がありました。 また、石というものをここまでじっくり見ることはなかったんですが、見れば見るほど違った表情に出会い、そして“好き”が増します。静かに何かを語りかけてくる。石のプロダクトはそんな良さがあると気付かされました。撮影:植原 亮輔 氏月刊 HELLO STONE  -vol.1-2020年6月———-KIGI Co.,Ltd.クリエイティブディレクター / アートディレクター植原 亮輔 氏profile:1972年北海道生まれ。多摩美術大学デザイン学科(テキスタイル)卒業後、広告やグラフィックデザインを主とする会社DRAFTに約15年在籍。その後、DRAFTの仕事でプロダクトブランドD-BROSをはじめとし、数多くのプロジェクトを協働していた渡邉良重氏と共に、2012年、KIGI Co.,Ltd.を設立。グラフィックデザインやブランドデザインを主軸に活動しながらも、独自のプロダクトブランド「KIKOF」や発信の場であるギャラリーショップ「OUR FAVOURITE SHOP」などを運営する。また、CM等映像制作、空間ディレクションの他、デザインの延長線上で作品制作をし、美術館やギャラリーで展覧会をする等、KIGIのクリエイションの可能性を広げ、ジャンルにこだわらない創作活動をしている。2017年宇都宮美術館で大規模個展「KIGI WORK & FREE」展を開催。東京ADCグランプリ、第十一回亀倉雄策賞等を受賞。———- HELLO STONE PROJECTISHIZO ブックエンド
2020.06.02
Interview

vol.6 吉田龍太郎さんに会いに行きました

日比さん:日本は、昔から木と石がうまく共存し、石を使う文化が定着している国と思ってきました。この間、あるホテルの建て替え仕事を引き受けたのですが、そのホテルは、木や石材、金属、紙、織物など、日本の文化をうまく取り入れたものになっていました。ただここ30年ほど間で、使い捨てや利便性を重んじる面が色濃く出るようになっていると思います。吉田さん:日本は木の文化とよく言われますが、実はたくさん石も使っていて、特に昔の建築は、木と石の関係性が明確で、うまくバランスをとっていました。たとえば、桂離宮などの組石などは、多様な石の使い方がなされ、美意識の高い建築物のひとつだと思います。日比さんは、これから日本の石の文化は、どのような方向に向かうと思っていますか? 日比さん:今は、日本の文化の良さについては、外国の方がよく知っているのではないかと感じています。2020年オリンピックが大きい節目になると思いますが、日本人が日本の良さに気が付き、少しずつ変わる風潮にあるのではないでしょうか。日本人が忘れていた日本の良さや文化が、未来に向かって開かれ、それが続いて行ってほしいと思います。また、大事なことは、これから石の文化(日本の文化)を若い人にも知ってもらうことで、別の使い方を見つけてもらえるのではと思います。若い人たちが、どのような形で使うかを考えると、すごく楽しみです。その為には、責任を持って、若い方にしっかり引き渡さないといけないと思います。吉田さん:チームプレーが大事だと思います。そして、それをつなぐことが一番大事なことです。文化やモノ作りの技術的な面も継承しなければならないし、考え方なども次の世代に継承しないといけない。経営理念もしっかりしないといけないですね。個人に対するバトンタッチよりも、事業者としての考え方をもって、次の世代を育てていかないといけないと感じています。その面で、関ヶ原石材は、3世代続いていて、継承されていることは素晴らしいと思います。日比さん:一つ質問ですが、タイム アンド スタイルでは、次世代への継承という点で、どのような努力をしているのでしょうか?あと、社員のベクトルを同じ方向に向ける方法や秘訣がありますか? 吉田さん:外からみると、上手にやっているように見えるかもしれませんが、まだまだやらなければならない部分がたくさんあります。自分自身がこれからやりたいこと、目標がたくさんあって、いろんなことにチャレンジしたいと考えております。例えば、去年(2017年)は、大きなチャレンジとして、オランダに自社の店舗を作りました。日本で作ったものをヨーロッパで売り始めたのです。このミッドタウンの店も出店する時には(小さい会社なので)大きなャレンジでした。ハードルが高いことにチャレンジすること、これは、成長につながるのではないかと思います。社会に貢献する方法や社会への役立ち方はいろいろあって、営利目的も重要ですが、それ以上に、文化を作ることや、次の世代に継承できるように正しく伝えることが大事と考えています。家具は、人の手に渡って使ってもらうもの。私たちはアナログな方法にこだわり、緻密な仕事をしています。この考え方に賛同してくれる方がいるからこそ、続けられることですが、常にチャレンジすることと、続けることが大事だと思います。日比さん:僕自身は、タイム アンド スタイルのモノづくりや考え方をリスペクトしているので、今後一緒にモノづくりをする際に、お互いに主張をしながら、ケンカしない程度に(笑)上手く付き合って、何か良いものが出来れば嬉しいです。新しいことができることを考えると、ワクワク、ドキドキしています。吉田さん:日比さんは、どの石や木が好きですか?あと、どのような加工方法や素材がお好きでしょうか?日比さん:好きな石は、人間に近く、自然にも近いので、大理石が好きですね。仕上げは、あまり機械で加工した工業製品よりも、割合と素に近いものに愛着を感じます。手でラフに磨いたものとか、モノに対してストレスを感じないものができればと思います。高価でなく、使いやすいし、触った時に自然な感触があるものが好きです。もちろん、木も好きです。例えば、ヒノキやサワラ、ケヤキが好きですね。やっぱり素材が好きなのかもしれません。 吉田さん:今後、お互いに話し合って良いモノづくりができれば良いと思っております。よろしくお願いいたします。日比さん:こちらこそ、よろしくお願いいたします。今回の対談も本当にありがとうございました。
2018.02.14
Interview
Interview