HELLO STONE PROJECTいしみがくひとくらし

Online store Instagram

HELLO STONE PROJECT

天然のものだから、どれも地上にひとつだけ。
小さなかけらにすら何億年という地球の歴史が宿る。
面白くて、魅力的で、はかり知れない。
石の世界にようこそ。

vol.3 ファッションデザイナー 廣川玉枝さんが聞きにいきました。

「服が身体を覆うように、石は建築物を覆っている」。関ヶ原石材は、建築物の外装やインテリアをはじめ、さまざまな石材を扱っている会社で、取扱高は日本一。たくさんのビルを手がけています。70年近い歴史を持っているので、会社の中には石にまつわる知識や知恵がいっぱい。面白いエピソードが、あれこれ詰まっているのです。この連載は、石について広く深く知っている関ヶ原石材の日比順次さんが、デザイナーやアーティスト、建築家、ジャーナリストなど、さまざまな業界の人をお招きし、おしゃべりするコーナーです。 新装した本連載、二人目にお招きしたのはファッションデザイナーの廣川玉枝さんです。「イッセイミヤケ」のデザイナーを経て独立し、自身のブランド「ソマルタ」を率いながら、ファッションに限らず、さまざまな分野におけるクリエイションを手がけています。新しい分野への挑戦も意欲的に行なっていて、2018年のWIRED Audi INNOVATION AWARDなど、数多くの受賞歴をお持ちです。石とファッション――一見すると関係がないように見えますが、二人のおしゃべりは広がりました。 廣川さん:初めてここ関ケ原を訪れたのですが、工場の規模の大きさに驚きました。見学させてもらって、とても気分が高揚したのです。人間が作れないものを地球が作っている。そんなエネルギーに触発されました。日比さん:もしかすると廣川さんは、石と対話されたのではないでしょうか?僕も時々感じるのですが、石と相対していると、無言ながら何かを語りかけてくれるのです。また、工場のことを褒めていただいてありがとうございます。大きなものを扱っているのでそれなりの規模なのですが、実は敷地の中を東海道新幹線が通っているのです。名古屋を過ぎてしばらく行くと、新幹線の中から見えるはずなのですが。廣川さん:えっ、そうだったのですか。うっかり気づきませんでした(笑)。帰りはよく見てみます!ここの魅力は何と言っても、たくさんの大きな石がゴロゴロと置いてあること。何億年もかけて地球の中で作られた石が、人の手で切り出されたと聞いて、尊い価値を持っていると感じ入りました。日比さん:地球が作った自然物のひとつであり、あれだけの種類があることを、一人でも多くの人に知っていただければと思い、「ハローストーンプロジェクト」というものを進めています。廣川さん:どんなことをやっているのですか?日比さん:暮らしの中で石を身近に感じてもらおうということで、インテリア雑貨として使えるものや、石をアートのように飾るプロダクトを作って販売しているのです。廣川さん:いいですね。天然のものだから、暮らしの身近に置いてあると、身体も心も気持ちよく過ごせそう。私は小さい頃から石に興味があって、いわゆる「石ころ」が好きなのです。自宅でも庭に石を置き、少し赤身を帯びた砂利をまいたりしています。見せていただいた、石を壁にかけて飾るアイデアはとても良いと思いました。日比さん:「しかくいし」と名づけたプロダクトで、簡単に壁にかけることができる石なのです。考えてみたら、石と服は共通するところがあるのかもしれません。 廣川さん:私もお話をうかがっていて、服が身体を覆うように、石は建築物を覆っているのだと感じました。日比さん:私たちの仕事は、建築物の外装として石を加工して組み上げること。いわば建物に石を着せる役割ととらえることができるのです。外装として使う石の強度を高めるためにガラス繊維を貼ることがあるのですが、あれは布に芯地を貼るのに近いのかもしれません。廣川さん:そういうプロセスにも興味が湧きます。私は「服は第二の皮膚」ととらえていて、「人が服を着る」とは自己を表現するものであり、自分の意識や心地にも影響を及ぼすと思っているのです。が、その文脈で考えると、人が過ごす空間を石が覆っているわけで、「空間が石を着る」「建物が石を着る」という感覚はよくわかります。服がそうであるように、石も人の意識や心地に影響を与えるのでは? 日比さん:そういう側面はあると思います。普段は気づかないようで、皆さんも何となく「この建物は心地良い、この空間は少し居心地が悪い」といったことを感じているのではないでしょうか? 廣川さん:そういうところ、確かにありますね。服の場合は、肌に触れるものとして心地良い悪いということもありますが、そういう機能だけでなく、その服を着ることで気分に作用するところは大きいと思いますし、そこまで視野に入れたデザインを心がけているのです。日比さん:廣川さんがそうやって服をデザインされるように、建築家やインテリアデザイナーの方々がデザインした意図を、かたちにするべく石を加工するのがうちの役割。デザイナーの方の思いをどれだけ実現できるかに力を注いでいるのです。廣川さん:服作りも一人で完結するのではなく、かたちにしてくれる優れた作り手の方々とのチームワークで成り立つもの。そこは一緒ですね(笑) 後編では、そんな石と服の魅力ついて、もっとお話できたらと思います。(後編に続く)
2021.04.28
Interview

vol.7 PHOTO CONTEST 2021 募集開始

第7回 石のある生活フォトコンテスト毎年沢山のご応募をいただきありがとうございます。普段、気づかないところにも石はたくさん使われています。暮らしの中で石との関わりがあるシーンを切り取り、 その思いを乗せてご応募ください。今年も個性豊かな写真、とっておきの1枚をお待ちしています。テーマ「石のある生活」川原、石垣、石畳、ビルのエントランス、階段、道端の石ころなどの風景、 石とペット、石と花、石とネコなど、あなたの好きなものと石…あなたが見つけた「石」を教えてください。※歴史的建造物以外の墓石の写真についてはご遠慮ください。  募集期間2021年4月22日(木)~  8月17日(火)賞最優秀賞(1点)  賞金5万円 + 記念品優秀賞 (1点)    賞金1万円 + 記念品入選  (10点) 賞金5千円 + 記念品特別賞 (3点)  賞金3千円*記念品・・・入賞作品で作成した2022年カレンダー応募形態13MB以内のJPEG形式とする。 画像の合成および加工不可。レタッチ、明度・彩度の補正は可。応募規定1.1人2点まで。2.応募者本人が撮影した未発表作品に限る。3.個人のWEBサイトで公開した作品は可。4.他コンテストとの二重応募不可。5.応募作品の返却不可。6.応募作品は、著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するものに限る。7.表彰作品の著作権は作者にあるが、使用権は主催者が有し、主催者の広告宣伝・プロモーションの目的で、各種印刷物他、多目的に使用することがある。8.被写体の肖像権侵害などの責任は負いかねるため、同伴者が映っている場合は事前に許可を得る必要がある。応募方法応募フォームから必要事項を明記して、写真をアップロードして応募。2点応募する場合は2回に分けて応募フォームから応募。  審査方法社内基準にて。結果発表2021年10月にHELLO STONE PROJECT公式HPで発表。    主催者関ヶ原石材株式会社  問合せ先〒503-1595岐阜県不破郡関ケ原町2682TEL:0584-43-1235 / FAX:0584-43-2422E-mail:photocontest@sekigahara-s.co.jp関ヶ原石材株式会社 企画マーケティング室 フォトコンテスト係    
2021.04.22
Event

WORK SHOP vol.3「石をみがいてみよう」

2021年3月19、20日にTSUTAYA田町駅前店さんにて、3回目のワークショップが開催されました。今回も「石をみがいてみよう」というテーマで、自分たちの手で天然石をみがいてみました。まずは天然石について、より理解を深めていただくために、岩山から石が採掘される様子や大きな刃で石を切断する様子などを動画で見ていただきました。迫力のある映像にみなさん驚きの声を上げていました。 次は、今回自分が磨く石を選びました。さまざまな石を接着剤で合体させたカラフルな石や、石そのものの表情が楽しめるごつごつした石などをご用意しました。みなさん石の産地や名前の由来などが書かれたカードを見ながら、どの石にしようか悩んでいました。 選び終わったらさっそく磨いていきます。今回は土台にサンドペーパーを巻き付け、磨く石を動かして研磨しました。まずは目の粗い#240のサンドペーパーで石を削り、#400、#800とだんだんと目の細かいもので仕上げていきます。 約40分という長い時間、みなさん黙々とみがいていました。集中してひたすら石をみがいていると、瞑想しているような感覚もありますね、との感想もいただきました。石が削れる音を聞きながら作業に没頭する、たまにはそんな時間を過ごすのもいいのかもしれません。次回はまだ未定ですが、また石に目を向けてもらえるようなワークショップを開催していきたいと考えておりますので、楽しみにしていてください。
2021.03.26
Event

vol.4 PHOTO CONTEST -Instagram- 選考結果の発表!

今回も本当に多くの方々からご応募いただき、171点もの素敵な作品が集まりました。ご応募いただいたみなさま、ありがとうございました!そして厳正な審査の結果、最優秀賞はmiho様の作品に決定いたしました。おめでとうございます! 最優秀賞以外の応募作品もどれも素晴らしい作品でしたので、「 #石フォトコン2021冬」タグでぜひ見てみてください!時期は未定となりますが、またインスタグラムでのフォトコンを開催したいと考えております。その際は、このHPや HSP公式インスタグラム で告知しますので、ぜひチェックをおねがいいたします!
2021.03.09
Event

「“石”磨きワークショップ」開催のお知らせ

TSUTAYA 田町駅前店さんのラウンジスペースで「“石”磨きワークショップ」を開催します。世界中からとれる大理石を自分の手で磨いてみませんか?磨いた石はお持ち帰りいただけます。≪ お申し込みはこちら ≫《日時》2021 年 3 月 19 日(金) ①10:30~11:30 ②12:00~13:002021 年3 月 20 日(土) ①12:00~13:00 ②17:00~18:00 《参加料》2,000 円(税抜)/1 組 ※親子 2 人 or 大人 1 人4 歳以上のお子様 1 名につき、店頭にて+500 円(税抜)追加《場所》TSUTAYA 田町駅前店2階ラウンジスペース皆様のご参加お待ちしております!
2021.03.11
What’s new

vol.2 『エル・デコ』ブランドディレクター 木田隆子さんが聞きにいきました。

「石のことを知ったらもっと学びたくなる、使ってみたくなる。」関ヶ原石材は、建築物の外装やインテリアをはじめ、さまざまな石材を扱っている会社で、取扱高は日本一。たくさんのビルを手がけています。70年近い歴史を持っているので、会社の中には石にまつわる知識や知恵がいっぱい。面白いエピソードが、あれこれ詰まっているのです。この連載は、石について広く深く知っている関ヶ原石材の日比順次さんが、デザイナーやアーティスト、建築家、ジャーナリストなど、さまざまな業界の人をお招きし、おしゃべりするコーナーです。 新装して2回目のトーク相手は、前回に続いて『エル・デコ』のブランドディレクターを務める木田隆子さんです。世界25カ国で展開している『エル・デコ』の日本版を代表する存在として、多彩な活動を繰り広げています。世界のトップクリエイターをはじめ、さまざまな産地の職人さん、企業の中でデザインにかかわっている人など、幅も奥行きもあるネットワークを携え、第一線で取材を続けてこられました。そんな木田さんが関ヶ原石材を訪れ、石にどんな可能性を感じたのでしょうか――。 日比さん:前回、「石が暮らしに近い存在になったらいい」というお話をいただいて勇気を得ました。木田さん:世界のデザインの大きな流れの中でも石がクローズアップされていて、確固としたポジションを得るようになっています。前回もお話したように、ここ関ヶ原石材さんを訪れ、石には”石の力”とともに”人の力”が宿っていると感じました。この感覚が伝わっていくといいですね。日比さん:工場に置いてある世界各国の石の塊は、言ってみれば”無造作なかたち”であって、完成品ではありません。うちの仕事は、これらの石を加工して手渡していくところにあるのです。 木田さん:加工しないと埋もれたままになる物体としての石、その中に閉じ込められていた、いわば宝もののようなものを掘り出しているのが、関ヶ原石材さんのお仕事なのですね。日比さん:建築家やデザイナーの方の意向を受けて加工するので、黒子として後方からのお手伝いを担っているだけですが。木田さん:控え目でいらっしゃいますね(笑) でもその意味で、建築家やデザイナーの方と組んで、建物だけでなく、違う角度でモノ作りして発表していくのもひとつのやり方ではないでしょうか。石を身近な存在として伝えていくことが大事だと思うのです。日比さん:具体的には、どんなところから入ったらいいと思われますか?木田さん:魅力的な存在なのに、石が暮らしから遠い存在になっているのがもったいない。まずは石そのものを身近に感じてもらうのが大切ではないでしょうか。たとえば、石のすり鉢であるとか、カッティングボードなど、キッチンで使うアイテムもいいのでは?日比さん:かつて日本では、石臼をはじめ、暮らしに近い存在として石が使われていたのに、いつの間にか遠くなってしまったのです。木田さん:それを、今にフィットするスタイルで取りもどしたいですね。料理の過程で、人と石、食材と石との対話が生まれるキッチンがあったら、そこに豊かな時間が流れることでしょう。あるいは、天板が大理石でできた小さなテーブルを置いたら、部屋の中に小さな池が生まれたような、清涼な空気が流れるかもしれません――いろいろと夢が膨らみます。 日比さん:うちでは「いしぞう」というブランドで、石を使ったブックエンドや花瓶など、いくつかのアイテムを開発し、ネット販売も行っています。木田さんがおっしゃるように、可能性があるアイテムはトライしていきたいと考えています。木田さん:石の良さをあまり知らずにいて、暮らしにどう取り入れたらいいのかわからない人は多いと思うのです。でも、石のことを知ったらもっと学びたくなるし、何か使ってみたいと思うはず。ここ関ヶ原石材さんを、もっとオープンにしていくのもいいかもしれません。日比さん:こういう活動を続けていって、たとえば10年後に「石のことだったら関ヶ原石材に聞けばいい」という方が一人でも増えていったら嬉しいです。木田さんも是非、応援していただければ。木田さん:もちろんです。少し宣伝っぽくなりますが、最新の『エル・デコ』について。3月7日発売の号では、コロナ禍が始まって一年ほどたって、新しい生活を実感する時期に、モノ選びの新基準という特集を組みました。コロナを経験して、家にいることが増え、生活の質に目が向くようになっています。その時、家の中にどんな空気が流れていてほしいのか。家具選びの新しい考え方もシェアしています。日比さん:そういう時代に向け、石を取り入れた暮らしを提案していきたいと考えています。木田さん:是非! また、深澤直人さんとジャスパー・モリソンさんへの緊急インタビューも必読。15年前にアクシスギャラリーで行なった展覧会『スーパーノーマル』における、フツーの美しさを見出す考え方がパンデミックの後、どう変化したのかを改めて聞いています。暮らしが変わって行く中で、まずは自分の日常の磨き方が問題になってきているとも言えます。トレンドも大事だけど、まずは自分の美意識きちんと育ててますか?と、そんなことが大切に――合わせて読んでいただけたらと思います。日比さん:楽しみに拝読します。木田さん、今回はどうもありがとうございました。
2021.02.25
Interview