HELLO STONE PROJECTいしみがくひとくらし

Online store Instagram

HELLO STONE PROJECT

天然のものだから、どれも地上にひとつだけ。
小さなかけらにすら何億年という地球の歴史が宿る。
面白くて、魅力的で、はかり知れない。
石の世界にようこそ。

vol1. 『エル・デコ』ブランドディレクター 木田隆子さんが聞きにいきました。

「石が暮らしに近い存在になったらいいのにと思いました」。関ケ原石材は、建築物の外装やインテリアをはじめ、さまざまな石材を扱っている会社で、取扱高は日本一。たくさんのビルを手がけています。70年近い歴史を持っているので、会社の中には石にまつわる知識や知恵がいっぱい。面白いエピソードが、あれこれ詰まっているのです。この連載は、石について広く深く知っている関ケ原石材の日比順次さんが、デザイナーやアーティスト、建築家、ジャーナリストなど、さまざまな業界の人をお招きし、おしゃべりするコーナーです。 新装した本連載でトップバッターをお願いしたのは、『エル・デコ』のブランドディレクターを務める木田隆子さんです。世界25カ国で展開している『エル・デコ』の日本版を代表する存在として、多彩な活動を繰り広げています。世界のトップクリエイターをはじめ、さまざまな産地の職人さん、企業の中でデザインにかかわっている人など、幅も奥行きもあるネットワークを携え、第一線で取材を続けてこられました。そんな木田さんが関ケ原石材を訪れ、石にどんな可能性を感じたのか――おしゃべりが弾みました。 木田さん:ここ3、4年、ミラノサローネなどを取材していて、石を取り入れる動きが強まっている、石が持っている自然のパワーを取り入れようという意識を感じてきました。今日、関ケ原石材さんを訪れて、改めて自然物としての石の美しさにすっかり魅了されて(笑)。石が暮らしに近い存在になったらいいのにと思いました。日比さん:ヨーロッパでは、ローマのパルテノン神殿に象徴されるように、古くから石は、暮らしと密接に結びついてきました。一方、日本で建物などに使われるようになったのは、欧米の文明が入ってきてからのこと。たとえば日本橋の三越が大理石でできているように、西欧の文明の象徴的存在として扱われてきたのです。木田さん:日本人が、石と言われて描くイメージには、大きく2つの方向性があるように思います。ひとつは、お城の石垣や石庭など、奥行きのある美の象徴的な存在。もうひとつは、今ほど日比さんがおっしゃった、西欧文化の導入として作られた西洋建築の数々。そこで終始していて、いまひとつ身近な存在と感じづらいところがあるのです。 日比さん:石を知っている人、勉強している人は少なくないのですが、一般の方が暮らしに取り入れるとなると、木などに比べて遠い存在になっているのです。木田さん:もったいないと思います。世の中の大きなトレンドは、自然のものを暮らしの近くにおきたい、日常生活の中で感じたいという方向へ向かっています。日本人はもともと木に馴染みがあるので、石をあまり取り入れてきていないのですが、付き合う方法がわかれば大きな可能性があると思います。日比さん:そういうお話を聞いて、なるほどと腑に落ちます。うちはもともと、企業向けの仕事が多いのですが、最近は個人のお客様も増えていて、そういうお客様の中に、上質な生活=自然という感覚を持っていらっしゃる方もいますから。石は何億年という時間をかけて自然が創り上げたものであり、本物が醸し出す圧倒的な空気感を備えていると思うのです。木田さん:関ケ原石材さんには、大きな石の塊がたくさん並んでいますが、そのパワーにも圧倒されました。日比さん:世界各国で切り出された石の数々で、いずれも地球を相手に、岩盤から人の力で掘り出したものです。木田さん:石の力とともに人の力が宿っているし、語りかけてくる何かがあって、そこに良い意味の畏れがあるのです。それぞれの石には、産地などを記した文字がマーカーで書いてあるのですが、あれも素敵ですね。神社を作る大工さんが、材木に記したあとのような、おごそかな神聖さがあります。 日比さん:無造作なかたちであること、唯一無二であることに魅力があるのかもしれません。自然物なので、同じ種類で同じ場所でとれたものでも、二つと同じ色柄にはならないのです。木田さん:その意味では人の情熱のようなものがこもっているのかもしれません。岩盤から掘り出されていなければ、あれだけ美しいものも、地球の中に埋もれたままになるということですから。日比さん:あの大きな塊を、建築の内外装に使えるように加工するのが、うちの会社が担っている仕事です。木田さん:関ケ原石材さんのお仕事は、石の内側に閉じ込められていたものを掘り出して、宝物に仕立てていくのに近いかもしれません。日比さん:ありがとうございます。そういう石の良さを、もっと多くの人に知ってもらいたい、味わっていただきたいと思っているのです。木田さん:ここに来てもらうのが一番の早道のような気もしますが(笑)日比さん:今の環境で何からできるかを考え、もっと発信していこうと思っています。今日の対談もそのひとつで、もう少しお付き合いいただければと思います。木田さん:こんなものがあったらいいなというアイデアも浮かんできたので、後編ではそのあたりのお話をできたらと思います。(後編に続く)
2021.01.21
Interview

vol.4 PHOTO CONTEST -Instagram- 募集開始

第4回 石のある生活インスタグラムフォトコンテスト前回たくさんのご応募をいただきました、インスタグラムフォトコンテストの第4回目を開催します。今回も個性豊かな写真、とっておきの1枚をお待ちしています!テーマ「石のある冬の生活」川原、石垣、石畳、道端の石ころなど、気づかないだけで石は身の回りにたくさんあります。いつもの公園、毎日通る道など、遠出しにくい今だからこそ身近な石を探してみませんか。冬の思い出と共に、あなたが見つけた「石」を教えてください。※歴史的建造物以外の墓石の写真についてはご遠慮ください。  募集期間2021年 1月 8日(金)~ 2月 8日(月)賞最優秀賞(1点) Amazonギフト券 5,000円分  応募方法①  HSP公式インスタグラム「hellostone.prj」をフォロー②  ハッシュタグ「#石フォトコン2021冬」をつけて投稿する※ 応募はひとり2点まで。2点応募する場合は、1点ずつ投稿してください。結果発表2021年3月上旬にHSP公式インスタグラム「hellostone.prj」にて発表。  応募規定1.応募者本人が撮影した未発表作品に限る。個人のWEBサイトで公開した作品は可。2.他コンテストとの二重応募不可。3.応募作品は、著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するものに限る。4.他者が映っている場合は事前に許可を得る必要がある。5.以下の項目に当てはまらない作品に限る。 ・法律や公共ルールに違反した作品 ・公序良俗に反する作品 ・他者の権利を侵害する作品  注意事項・本コンテストはInstagramが関与するものではありません。・「hellostone.prj」をフォローし、ハッシュタグ「#石フォトコン2021冬」を付けて応募された場合には、応募規定・注意事項に同意したものとみなします。・応募作品で肖像権等の第三者の権利侵害があった場合、主催者は一切責任を負いません。・応募作品、アカウント名、撮影場所、コメント等をHSP公式アカウント「hellostone.prj」 でご紹介させていただく場合がございます。・入賞作品はサイズ・明度・トリミング等加工させていただく場合がございます。・以下のような場合には、ご入賞を無効とさせていただきます。  ① 応募規定違反があった場合。  ② ご自身のアカウント、投稿が非公開となっていた場合。  ③ 入賞者へのダイレクトメールに対して、指定の期限までにご返信いただけない場合。 主催者関ヶ原石材株式会社  問合せ先〒503-1595岐阜県不破郡関ケ原町2682TEL:0584-43-1234 / FAX:0584-43-2422E-mail:photocontest@sekigahara-s.co.jp関ヶ原石材株式会社 企画マーケティング室 フォトコンテスト係    
2021.01.08
Event

月刊 HELLO STONE -vol.7 古賀充 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第7回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。造形作家古賀 充 氏プロダクト:ISHIZO ブックエンドアーチ型(白) ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。展示会に伺ったのがきっかけです。「ISHIZO、しかくいし」のシリーズを拝見し、見たことのない様々な石の表情に、驚きと美しさを感じました。自然が長い時間をかけてつくりだす、まるで抽象絵画のような、「しかくいし」もかっこいいと思いましたが、この ISHIZO のブックエンドは、石にしかないかたまり感と、図形のようなシンプルな形に親近感があり、すぐに持ち帰りたいと思いました。日常にはあまりない白い石も魅力的でした。帰り道、入れたバックがずっしり重くって、やっぱり石って重いんだなあと思った記憶があります。(笑)ー普段どのようにブックエンドを使用していますか?僕は海で拾った石を削り、作品を制作しているのですが、自分の作品の他に、友人や海外の作家さんの石のような作品と一緒に並べて、石にまつわるものコーナーをつくって、楽しんでいます。人の手が入っていない自然の石も好きですが、人の手が入ったものに楽しさや安心感を感じます。 ー古賀さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!ブックエンドにして使っても、本なしでそのままオブジェのように置いても、風景の一部になってくれる感じがして気に入っています。プロダクトと彫刻の間のような印象です。 撮影:古賀 充 氏月刊 HELLO STONE  -vol.7-2020年12月—-造形作家古賀 充 氏profile:造形作家。日常に潜む美しさや面白さを、さまざまな手仕事によって作品にし、国内外の展示会にて発表している。作品集や絵本なども制作。主な作品に SEA STONE VASE、LEAF CUTOUTS、Driftwood Dinosaurs、FLAT WORKSなどがある。絵本に『いしころ とことこ』、『ゴトガタ トラック』(福音館書店)がある。—-HELLO STONE PROJECTISHIZO ブックエンドアーチ型(白)
2020.12.08
Interview

月刊 HELLO STONE -vol.6 KIGI / OUR FAVOURITE SHOP 寺田 未来 氏-

「石のある生活」をテーマとし、毎月すてきなゲストをお迎えし発信していく「月刊 ハローストーン」。ISHIZOやしかくいし等HSPプロダクトを購入してくださった方はどのように石のある生活を楽しんでいるのか、特別にその生活の一部を垣間見させていただきます。第6回目の今回、石の魅力を語っていただいたのはこの方です。KIGI / OUR FAVOURITE SHOP ショップマネージャー寺田 未来 氏プロダクト:ISHIZO 花器(ベージュ) ーこのプロダクトを選んだ理由を教えて下さい。私達が東京・白金で運営するギャラリー・OUR FAVOURITE SHOP で、ISHIZOのAD・石井洋二さんがご自身の展示をされて、その際にこのプロダクトに出会いました。お店でも小さなお花を挿してディスプレイしていたのですが、ポンと置いてあるだけでも印象的で、石なのに優しい雰囲気がとても気になっていました。ちょうど、自宅の部屋の雰囲気を少し落ち着いた感じにしたいな、と思っていたので、普段はあまり選ばない色味だったものの、空間に馴染む感じが気に入り、ルナベージュを選びました。ー普段どのように花器を使用していますか?自宅で、その日の気分や挿している花に合わせて、デスクや本棚、色々な場所に飾っています。どの場所でも他のマテリアルと喧嘩することもあまりなく、キッチンなどにも置いたりします。家に細かいものが多いのですが、そんな中では、直線的なフォルムと適度な重厚感が、全体をまとめてくれているようでバランスが良くなります。 ー寺田さんにとって気に入っているポイントがあれば教えて下さい!部屋の中には、いつも植物は飾っておきたいなと思うのですが、お花を買いにいけない時には、ベランダの植物をちょっと切って生けたりするだけでも様になるので気に入っています。野花でもきっと可愛くなると思います。少しグリーンがあるだけで、気持ちが安らぎます。大袈裟なアレンジをしなくても、空間にポイントができるのが嬉しいです。 撮影:寺田 未来 氏月刊 HELLO STONE  -vol.6-2020年11月—-KIGI / OUR FAVOURITE SHOPショップマネージャー寺田 未来 氏profile:長年身を置いていた演劇やダンスの舞台活動から一転、デザインを軸に幅広くクリエイティブ活動を行うKIGIの門を叩く。KIGIが滋賀の職人達と立ち上げたプロダクトブランド・KIKOFのプロジェクトマネージャーとして、職人の持つ高い技術を現代のライフスタイルにあったデザインを通して、長く繋いでいく活動に携わる。2015年、OUR FAVOURITE SHOPの立ち上げに携わり、ショップマネージャーとして企画・運営・プレスを担当する。—-OUR FAVOURITE SHOPでは定期的に様々な企画やイベントを開催しています。11/6(金)〜11/29(日)は「Lake of Grace #004  Dear T.I.」を開催いたします。—-HELLO STONE PROJECTISHIZO 花器(ベージュ)
2020.11.10
Interview

石屋のしごと -vol.1 東京ミッドタウン日比谷-

関ヶ原石材が石工事を担当した物件を紹介する「石屋のしごと」。身近な実際の建物を紹介しながら、石の面白さ・奥深さを伝えていければと思います。第1回目の物件はこちらです。■物件名東京ミッドタウン日比谷■設計・施工鹿島建設株式会社■竣工日2018年3月29日(開業)■石工事概要低層部外装:トロピカルゴールド外構:トロピカルゴールド・G682・森林緑・チャイナカレドニア周辺道路:イタリア斑岩■物件概要地上35階、地下4階建てで、オフィス部と商業施設部からなる大型複合施設。メインエントランス前には屋外スペース「日比谷ステップ広場」がある。 ー使用石種のご紹介東京ミッドタウン日比谷における石部分の見どころは、重厚感のある低層部です。 低層部に使用されている石は「トロピカルゴールド」というミカゲ石です。トロピカルゴールドはアフリカ南西部に位置するナミビアで産出され、広大な岩盤により安定した供給量があります。 この石は大きな特徴が2つあります。1つ目は、全体的に黄色がかったミカゲ石である点です。採掘箇所や深さによって地色は濃淡に変化し、現在は地色の淡いものが多く産出されています。世界的に見ても黄色いミカゲ石は珍しく、中でもトロピカルゴールドのように大規模に生産可能な石は貴重な存在です。2つ目は、錆石である点です。錆石とは、他のミカゲ石より鉄分を多く含んだ石で、火を使用した仕上げ(ジェットバーナー仕上げ)をかけると、鉄が酸化し赤茶っぽい見た目に変化します。同じ石種の仕上げ違いを使用することで、統一感を出しつつも個性のあるデザインにすることができます。 (左:本磨 右:ジェットバーナー仕上げ)ー建築の豆知識を教えて!低層部のトロピカルゴールドの壁は、「ノミ切り」と「ウォータージェット」という2つの仕上げを合わせて加工されています。今回はこの2つの仕上げを紹介します。ノミ切りとは、表面をノミで削り、凹凸感を出す仕上です。凹凸の大きさの違いで、粗ノミ・中ノミ・細ノミの3段階があります。職人の手作業によって加工され、ノミの跡が石に深い味わいを創り出します。 ノミ切り(石種:ベトナムグレー)ウォータージェットとは、高圧の水で石の表面を削り、粗面にする仕上げです。同じく粗面にするジェットバーナー仕上げ(JP仕上げ)よりも、色を濃く出すことができます。色の薄い石種よりも、濃い石種におすすめです。 ウォータージェット(石種:ラステンバーグ)ー大変だったことは?低層部の壁、トロピカルゴールドの見栄えにこだわったことです。 東京ミッドタウン日比谷は、アール・デコ様式(単純化された直線的・幾何学的なデザインが特徴の装飾様式)の建物として高く評価されていた「三信ビルディング」の跡地に建てられていることもあり、低層部は三信ビルディングの壁面デザインを踏襲しています。通常は同じ壁や建物では石の色調が揃うようにしますが、今回はアール・デコ様式に馴染むよう、石の色調を敢えてランダムにしました。 トロピカルゴールドの板を色調によって6グループに仕分けし、全部品を並べ綿密な色調検査を行いました。全体のバランスを見つつ、美しく配置するのにとても苦労しました。低層部の壁の石は、全て職人による手加工で仕上げが施されており、全ての加工が終了するまで、2年も掛かりました。ー担当者からひと言見る角度によって印象の変わるデザインなので、是非新しい何かを発見してください。また低層部以外にも、雨上がりでしっとりと濡れた周辺道路のイタリア斑岩も趣がありますので、注目してみてくださいね。 石屋のしごと  -vol.1-2020年11月
2020.11.05
Interview

vol.6 PHOTO CONTEST 2020 選考結果の発表!

 今年で第6回目となる石のある生活フォトコンテスト。今回は過去最多の1,145点ものご応募がありました。 どれも素晴らしい作品で、その中から入賞作品15点を選ぶのは大変心苦しい選考でしたが、関ヶ原石材社員全員で責任を持って審査いたしました。入賞されたみなさま、おめでとうございます! またご応募いただきました1,145作品それぞれ違った石の表情があり、選考を通してあらためて石の魅力に触れることができました。ご応募いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。       〇最優秀賞『黄昏の石路』photo:トムヤン君location:岐阜県本巣市 やすらぎの林夕暮れ時犀川の彼岸花咲く石の路小叩きの影がすばらしい 〇優秀賞『見送る猫』photo:NAOTOlocation:アゼルバイジャン共和国 ラヒッチ村石畳の上にいる猫が歩いている人をのんびり眺めていました。まるでお見送りをしているように感じられました。 〇入選『マーブルビーチの夕焼け』photo:仲 翔平location:大阪府泉佐野市 マーブルビーチここは大阪にある、綺麗に夕日が見えるスポットで有名なマーブルビーチ。この日は雲が多く、綺麗な夕日は拝めませんでしたが、夕日が落ちる頃から徐々にその雲たちが色づき始め、とても綺麗な景色を見せてくれました。また、足元に広がる小さな丸い石ころたちが、この景色を更に美しく感じさせてくれました。 〇入選『石庭の秋彩』photo:旅人・トシ坊location:京都府京都市 圓光寺京都市の圓光寺です。私が最初に訪れてから、もう20年以上も・・・最近では、人気なお寺になってしまい、参拝者・カメラマンの皆さんが沢山訪れるようになりました。ここの庭には立派な石灯篭・庭石があり、この写真のポジションが私は好きで、来た時には、写真を撮り、また、ぼんやりと庭を眺め、時を忘れて過ごしてしまいます。雪が積もった庭・新緑に飾られた庭・そして紅葉に包まれた庭と・・・四季折々の表情を見せてくれます。私は紅葉がやや過ぎて、落ち葉が地面を覆うこの一瞬の時の庭が一番好きです。この日も、開門30分前より待ち、一番乗りでマイポジションへ。こうして、この1枚の写真を撮りました。額縁の中に、石灯篭・庭石がバランスよく見え、周りの紅葉の彩に飾られ、一層際立って見えます。 〇入選『二人の未来』photo:俺の空location:広島県尾道市 耕三寺耕三寺の丘を上がっていくカップルを撮影しました。二人の未来に幸あれ! 〇入選『歴史ある道』photo:つよしlocation:和歌山県東牟婁郡 大門坂和歌山県の熊野古道の大門坂で撮った写真です。雨上がりで森の中にはモヤが立っていて石道は雨で濡れてさらに美しい姿でした。 〇入選『夢舞台』photo:situationlocation:兵庫県淡路市 淡路夢舞台以前から来たかった場所でまさに安藤ワールドだなと感じました。一つ一つのこだわりが凄くそこにいるだけで楽しかったです。 〇入選『石垣に降る春雪』photo:おはなぼんlocation:東京都千代田区 皇居周辺桜が咲くころ、季節外れの雪が降りました。皇居の石垣をバックに桜と雪が映え、幻想的な風景を見ることが出来ました。 〇入選『石の風格』photo:道信勝彦location:東京都千代田区 三菱ビルディング石の美しさは時を重ねても風格と艶の石の美しさがあります 〇入選『憧れ』photo:giyamannlocation:静岡県沼津市 千本浜公園静岡県沼津市の千本浜にある社に猫の親子が住み着いていました。子猫は色んなものに興味津々で、あっちにすりすり、こっちにすりすりと落ち着きのない様子でしたが、ふと写真の狛犬(?)のふもとに立ち止まると同じポーズを決め、お手本を確認するように見上げていました。人の子供もヒーローなどに憧れて真似事をしますが、猫の子供も同じなのでしょうか。 〇入選『気嵐の湖畔』photo:コロやんlocation:神奈川県足柄下郡 芦ノ湖秋も深まる季節、この日の朝はとても寒く湖面に気嵐が発生していました。逆行に映える気嵐、シルエットの釣り人、素晴らしい朝の贈り物でした。荒々しい岩が悠久の時間を刻んでいました。 〇入選『曲線美』photo:蓮華location:群馬県館林市 群馬県立館林美術館綺麗な曲線を出しアートな石は見るものを楽しませてくれます。 〇特別賞『円月島に沈む夕日』photo:櫨本恭子location:和歌山県西牟婁郡 円月島今年3月の和歌山県白浜町・円月島。海蝕で真ん中にぽっかり開いた穴に沈んでいく夕陽が重なるひとときを撮影しました。この絶景が見られるのは年に2回、春と秋のお彼岸の時だけ。西方浄土を思わせる数分間。新型コロナが猛威を振るう中、日本の未来、世界の希望の光を願って…静かに手を合わせました。 〇特別賞『歴史を支える』photo:木下 滋location:和歌山県伊都郡 高野山世界文化遺産の高野山で撮影しました。参拝や観光で毎年大勢来られますが、建物を支えている土台(礎石)にあまり注意を払う人はいませんが、1200年の歴史的建造物を支えてきた石です。これからも支え続けてもらいたいと思っています。 〇特別賞『ひとやすみ』photo:どらやきlocation:滋賀県東近江市五箇荘町で開催されたイベント当日、出演者と遊びに来ていた子供たちが歓談されている様子に和みました。
2020.10.29
Event