HELLO STONE PROJECTいしみがくひとくらし

Online store Instagram

HELLO STONE PROJECT

天然のものだから、どれも地上にひとつだけ。
小さなかけらにすら何億年という地球の歴史が宿る。
面白くて、魅力的で、はかり知れない。
石の世界にようこそ。

vol.8 PHOTO CONTEST 2022 募集開始

第8回 石のある生活フォトコンテスト毎年沢山のご応募をいただきありがとうございます。普段、気づかないところにも石はたくさん使われています。暮らしの中で石との関わりがあるシーンを切り取り、 その思いを乗せてご応募ください。今年も個性豊かな写真、とっておきの1枚をお待ちしています。テーマ「石のある生活」川原、石垣、石畳、ビルのエントランス、階段、道端の石ころなどの風景、 石とペット、石と花、石とネコなど、あなたの好きなものと石…あなたが見つけた「石」を教えてください。※歴史的建造物以外の墓石の写真についてはご遠慮ください。  募集期間2022年4月28日(木)~  8月17日(水)賞最優秀賞(1点)  賞金5万円 + 記念品優秀賞 (1点)    賞金1万円 + 記念品入選  (10点) 賞金5千円 + 記念品特別賞 (3点)  賞金3千円*記念品・・・入賞作品で作成した2023年カレンダー応募形態13MB以内のJPEG形式とする。 画像の合成および加工不可。レタッチ、明度・彩度の補正は可。応募規定1.1人2点まで。2.応募者本人が撮影した未発表作品に限る。3.個人のWEBサイトで公開した作品は可。4.他コンテストとの二重応募不可。5.応募作品の返却不可。6.応募作品は、著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するものに限る。7.表彰作品の著作権は作者にあるが、使用権は主催者が有し、主催者の広告宣伝・プロモーションの目的で、各種印刷物他、多目的に使用することがある。8.被写体の肖像権侵害などの責任は負いかねるため、同伴者が映っている場合は事前に許可を得る必要がある。応募方法応募フォームから必要事項を明記して、写真をアップロードして応募。2点応募する場合は2回に分けて応募フォームから応募。  審査方法社内基準にて。結果発表2022年10月にHELLO STONE PROJECT公式HPで発表。    主催者関ヶ原石材株式会社  問合せ先〒503-1595岐阜県不破郡関ケ原町2682TEL:0584-43-1235 / FAX:0584-43-2422E-mail:photocontest@sekigahara-s.co.jp関ヶ原石材株式会社 企画マーケティング室 フォトコンテスト係    
2021.04.28
Event

vol.6 PHOTO CONTEST -Instagram- 選考結果の発表!

今回も本当に多くの方々からご応募いただき、81点もの素敵な作品が集まりました。ご応募いただいたみなさま、ありがとうございました!そして厳正な審査の結果、最優秀賞は@esperanzasuquita様の作品に決定いたしました。おめでとうございます! 最優秀賞以外の応募作品もどれも素晴らしい作品でしたので、「 #石フォトコン2022冬」タグでぜひ見てみてください!時期は未定となりますが、またインスタグラムでのフォトコンを開催したいと考えております。その際は、このHPや HSP公式インスタグラム で告知しますので、ぜひチェックをおねがいいたします!
2022.03.04
Event

vol.6 PHOTO CONTEST -Instagram- 募集開始

第6回 石のある生活インスタグラムフォトコンテスト前回たくさんのご応募をいただきました、インスタグラムフォトコンテストの第6回目を開催します。今回も個性豊かな写真、とっておきの1枚をお待ちしています!テーマ「石のある冬の生活」川原、石垣、石畳、道端の石ころなど、気づかないだけで石は身の回りにたくさんあります。いつもの公園、毎日通る道など、遠出しにくい今だからこそ身近な石を探してみませんか。冬の思い出と共に、あなたが見つけた「石」を教えてください。※歴史的建造物以外の墓石の写真についてはご遠慮ください。  募集期間2022年1月 14日(金)~ 2月 15日(火)賞最優秀賞(1点) Amazonギフト券 5,000円分  応募方法①  HSP公式インスタグラム「hellostone.prj」をフォロー②  ハッシュタグ「#石フォトコン2022冬」をつけて投稿する※ 応募はひとり2点まで。2点応募する場合は、1点ずつ投稿してください。結果発表2022年3月にHSP公式インスタグラム「hellostone.prj」にて発表。  応募規定1.応募者本人が撮影した未発表作品に限る。個人のWEBサイトで公開した作品は可。2.他コンテストとの二重応募不可。3.応募作品は、著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するものに限る。4.他者が映っている場合は事前に許可を得る必要がある。5.以下の項目に当てはまらない作品に限る。 ・法律や公共ルールに違反した作品 ・公序良俗に反する作品 ・他者の権利を侵害する作品  注意事項・本コンテストはInstagramが関与するものではありません。・「hellostone.prj」をフォローし、ハッシュタグ「#石フォトコン2022冬」を付けて応募された場合には、応募規定・注意事項に同意したものとみなします。・応募作品で肖像権等の第三者の権利侵害があった場合、主催者は一切責任を負いません。・応募作品、アカウント名、撮影場所、コメント等をHSP公式アカウント「hellostone.prj」 でご紹介させていただく場合がございます。・入賞作品はサイズ・明度・トリミング等加工させていただく場合がございます。・以下のような場合には、ご入賞を無効とさせていただきます。  ① 応募規定違反があった場合。  ② ご自身のアカウント、投稿が非公開となっていた場合。  ③ 入賞者へのダイレクトメールに対して、指定の期限までにご返信いただけない場合。 主催者関ヶ原石材株式会社  問合せ先〒503-1595岐阜県不破郡関ケ原町2682TEL:0584-43-1235 / FAX:0584-43-2422E-mail:photocontest@sekigahara-s.co.jp関ヶ原石材株式会社 企画マーケティング室 フォトコンテスト係    
2022.01.14
Event

「PASS THE BATON MARKET Vol.6」 レポート

2021年12月11・12日に開催された「PASS THE BATON MARKET」に、出展させていただきました。ISHIZOとしては約2年ぶりのリアルイベントでしたが、久しぶりに直接お客様とお話しできて、とても有意義な時間となりました。たくさんの「かわいい!」というお声をいただけて嬉しかったです。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!———————————————————————————————-PASS THE BATON MARKETとは?—– 日本の倉庫を空っぽに。企業やブランドの倉庫に眠っていた規格外品やデッドストックアイテムを集めた、⼀⾵変わった蚤の市です。企業やブランド、産地が抱えている“もったいない”や“困りごと”に向き合い、世の中に紹介していく場として 2019 年にスタートしました。⽇本中の倉庫を空っぽにすることができれば、その空いたトコロに新たな創造性が萌芽する。ビジネルモデルやモノの流れが変われば、企業や地域にとって新たな可能性がきっと⽣まれる。なぜこの商品が規格外品になってしまうのか、なぜこのマーケットに並んでいるのか…。気付きとそれらの消費活動を通じて、これからのモノづくりへのヒントを探ります。———————————————————————————————-
2021.12.17
Event

「PASS THE BATON MARKET Vol.6」 出展のお知らせ

「PASS THE BATON MARKET Vol.6」に、ISHIZOが出展することになりました。ISHIZOからは補修跡や小さな欠けが入ってしまった商品を、定価の10%OFFで販売する予定です。久しぶりの実店舗での販売となりますので、ぜひお越しください。※お客様の来場前事前登録をお願いしております。詳細・登録はコチラをご覧ください。———————————————————————————————-PASS THE BATON MARKETとは?—– 日本の倉庫を空っぽに。企業やブランドの倉庫に眠っていた規格外品やデッドストックアイテムを集めた、⼀⾵変わった蚤の市です。企業やブランド、産地が抱えている“もったいない”や“困りごと”に向き合い、世の中に紹介していく場として 2019 年にスタートしました。⽇本中の倉庫を空っぽにすることができれば、その空いたトコロに新たな創造性が萌芽する。ビジネルモデルやモノの流れが変われば、企業や地域にとって新たな可能性がきっと⽣まれる。なぜこの商品が規格外品になってしまうのか、なぜこのマーケットに並んでいるのか…。気付きとそれらの消費活動を通じて、これからのモノづくりへのヒントを探ります。PASS THE BATON MARKET Vol.6 開催概要日時:2021年12月11日(土)〜12(日) 11:00〜19:00(最終日は18時終了)※雨天決行場所:コクヨ東京品川オフィス THE CAMPUS(JR品川駅港南口より徒歩3分)住所:東京都港区港南1-8-35入場料:300円 ※小学生以下無料URL: https://www.pass-the-baton.com/news/14270/主催:PASS THE BATON共催:コクヨ株式会社運営:株式会社スマイルズ※新型コロナウィルス感染症対策につきましては、PASS THE BATON公式HPよりご確認ください※お支払いはオールキャッシュレス(交通系IC・クレジットカードのみ)対応です。
2021.12.03
What’s new

vol.7 PHOTO CONTEST 2021 選考結果の発表!

 今年で第7回目となる石のある生活フォトコンテスト。今回は1,133点ものご応募がありました。 どれも素晴らしい作品で、その中から入賞作品15点を選ぶのは大変心苦しい選考でしたが、関ヶ原石材社員全員で責任を持って審査いたしました。入賞されたみなさま、おめでとうございます! またご応募いただきました1,133作品それぞれ違った石の表情があり、選考を通してあらためて石の魅力に触れることができました。ご応募いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。       〇最優秀賞『飛び石が近道』photo:フネカワフネオlocation:京都府京都市 鴨川デルタ京都の鴨川デルタの飛び石。学校帰りの生徒さんたちが、スマホ片手に飛ぶように渡っていきました。 〇優秀賞『石造りダム』photo:杉瀬 豊location: 大分県大分市 大分川ダム(ななせダム)大分市の郊外に2019年に完成した大分川ダムは石造りのダムです。 〇入選『透きとおる空間』photo:野村 倫直location:岐阜県高山市 飛騨高山美術館風のない空間、水鏡に映りこんだ風景と水辺の石とのマッチングがとても綺麗で気持ちが癒されました。何度訪れても気持ちのいい場所ですね。 〇入選『水と植物と石』photo:ひら凡location:京都府長岡京市 楊谷寺シンプルな素材の組み合わせ。とても艶めかしく、ひきつけられる。 〇入選『スイス鉄道の旅』photo:伴 博之location:スイス グラウビュンデン州 ランドヴァッサー橋スイスの鉄道旅で人気の高い「ランドヴァッサー橋」を渡る光景です。峡谷の自然景観に溶け込み優雅なアーチの美しさが際立ちます。長さ136メートル、高さ65メートルの鉄道橋はスイスアルプスの自然石を組み120年ほど前に造られました。世界遺産レーティシュ鉄道アルプス線に乗りこの橋を渡る体験は私にとってスイス鉄道の旅のハイライトでしたが、その感慨に耽る間もなく峡谷の岩壁をくり抜いたトンネルへと吸込まれました。 〇入選『石って楽しい』photo:Jinjun wenglocation:愛知県田原市 伊良湖岬愛知県伊良湖岬の駐車場にあるモニュメント。子供達が思い切り上って遊んでいました。 〇入選『ママを追いかけて』photo:田中雅之location:大阪府箕面市 勝尾寺初夏の緑が目に鮮やかなお寺の石段を、駆け上がっていく少女たち・・・少し先で待つお母さんに声を掛けられて上って行く石段は、少女たちにも優しい高さの蹴上で、躓くこともなく無事にお母さんに追いつくことが出来ました。 〇入選『聖地に挑む人々』photo:笠木 秀竜location:山梨県南巨摩郡 身延山久遠寺・菩提梯日蓮宗の開祖、日蓮の遺骨が眠る身延山。その日蓮宗の総本山である久遠寺は、三門から本堂に至るまでに287段の石段を登らなければならない。この写真は、この聖地の本堂に向かうべく石段に挑む人々を収めたものである。 〇入選『飛翔』photo:佐々木 絢也location:長崎県長崎市 岳路海水浴場洞窟の中から長崎の海を撮影中に、タイミングよく鳥を捉えた一枚。 〇入選『蝶に岩壁』photo:おぺきちlocation:東京都調布市 深大寺北町雨上がりに散歩していたら、まだ少し湿った岩壁に蝶がとまって羽を休めていました。石や蝶にとっても、静かな雨の時間は、自分を見つめ直す良い機会になるんだなと思いました。 〇入選『段』photo:楮山 武location:鹿児島県いちき串木野市 冠嶽園公園内を散歩中、御影石の艶やかな美しいラインと水面に映る紅葉の色彩に感動し、撮影しました。 〇入選『すやすや』photo:嶋田惇介location:沖縄県八重山郡 竹富島猫がのんびりと過ごす石垣でした。 〇特別賞『ゆらめく炎はどんな色?』photo:F-TECHlocation:東京都豊島区 自由学園明日館見所が数多くある中、石材の表面の質感と直線を組み合わせてデザインされたこの暖炉にも目が止まりました。炎が灯ったところを見てみたいものです。 〇特別賞『梅雨明けの公園』photo:はなママlocation:愛知県名古屋市 滝ノ水公園久しぶりに見る綺麗な青空。遊具が使えなくても、お友達と遊べなくても、飛び跳ねたくなるくらい気持ちよくて楽しいね 〇特別賞『世界が平和になりますように』photo:みわりんlocation:滋賀県米原市 青岸寺かわいいお地蔵様が、微笑む様子が愛らしいです
2021.10.29
Event